石井大五+フューチャースケープ建築設計事務所のホームページにようこそお出で下さいました。

建築家石井大五の作品を紹介し、旅にご案内いたします。

 

最新情報 ー information へ

ビデオ作品「世界東京化計画」が、ベネチアビエンナーレ2016に参加しました。Palazzo Moraで開催されている国際展「Time Space Existence, Made in Europe」にて展示されました。それについて、国際的な建築に関するオンラインサイト「Archipanic」および「designboom」に、署名付き記事で紹介されました。「designboom」の「世界東京化計画」の記事は、「designboom」がベネチアビエンナーレ2016に関して書いた記事70本の中で、閲覧数、いいねの数ともトップとなっています。
この「世界東京化計画」につきまして、テレビ朝日系のインターネットTV、Abema TVのニュース番組「Abema Prime」の2016年8月1日放映分と、フジテレビのニュース番組「みんなのニュース」2016年8月24日放映分にて話をいたしました。下記にて、ご覧いただけます。
「Abema Prime」 https://www.youtube.com/watch?v=DvMCMIQYz0Q
「みんなのニュース」 https://www.facebook.com/fnnminnanonews/videos/877761412358919/

Palazzo Moraでの展覧会については、カタログ「Time Space Existence, Made in Europe, La Biennale di Venezia 2016」(出版社:Global Artfair Foundation、オランダ)に掲載されています。

瀬戸内国際芸術祭2013の参加作品として、香川県観音寺市伊吹島につくりました「トイレの家」がスイスの雑誌「architectur technik」(日本語訳はこちら)「Modulor」(日本語訳はこちら)iPad向けの電子書籍「Edition 29 Archtiecture Note 003」(Edition 29、米国)(日本語訳はこちら)、「Designers File 2014」(出版社:ワークスコーポレーション、日本)、および「新建築2013年9月号」(新建築社、日本)に掲載されました。また、世界的な建築のウェブサイト「designboom」 (日本語訳はこちら)「Architizer」 (日本語訳はこちら)「archidaily」に署名付き記事で掲載されています。Architizer A+ Awards(Architizer主催)」で佳作相当の賞をいただきました。
「トイレの家」は、芸術祭終了後も、恒久的な作品として、残ります。その建設過程や、伊吹島については、ブログで紹介しております。そちらもご覧ください。また、NHKのアーカイブで、動画を見ることができます。ご覧ください。
ブログ「トイレの家を伊吹島で」 http://ishiidaigo.exblog.jp/
NHKのアーカイブ http://www.nhk.or.jp/takamatsu/geisai13/movie/index.html

「市川のリノベーション」が、「新建築住宅特集2015年2月号」(新建築社、日本)、「Designers File 2016」(出版社:ワークスコーポレーション、日本)に掲載されています。

「長岡の住宅」が、「サステナブル住宅賞(建築環境・省エネルギー機構主催)」「JIA環境建築賞(日本建築家協会主催)」「住宅セレクション「かしこい家」(東京建築士会主催)」「北陸建築文化賞」「住まいの環境デザイン・アワード」優秀賞に選定されました。また、「かしこい家」(東京建築士会、日本)、「Designers File 2014」(出版社:ワークスコーポレーション、日本)、「新建築住宅特集2013年2月号」(新建築社、日本)、「Global Architecture Today 」(天津大学出版社、中国)、「M2 Interior Design 4」(SANDU、中国)、「2012 Comfortable House」(RIHAN、中国)に掲載されています。